さかき接骨院グループヘッダー 羽島院リンク みずほ院へリンク
さかき接骨院グループスマホヘッダー さかき鍼灸接骨院のホームへ さかき接骨院・みずほ院へのホーム
  • 交通事故治療は瑞穂市・羽島市のさかき接骨院グループにおまかせください!
整骨院でも交通事故治療は受けられます。
交通事故による各種トラブル対応・治療相談はお早めに。

HOME | さかき接骨院グループ | 物損事故と人身事故 ≫ 

患者様から
ありがとうが届いております

交通事故治療体験者の声
 

物損事故と人身事故について

どんなに注意をしていても事故は起こってしまいます。

しかし、事故といっても物損事故か人身事故では、賠償金額や治療費、適切な処分や厳罰などが大きく結果が異なってきます。

物損事故でも怪我の補償は受けられるようになっていますが、物損事故は加害者にとってはメリットが大きく、逆に被害者にとってはデメリットが多いため注意が必要です。

事故の直後は、痛みに気づかなくても数日後に首や腰に痛みが出てくるケースはよくあります。
 
そのような場合には、物損として事故を届けたとしても、後から人身として取り扱ってもらう必要が出てきます。

そのため、人身事故と物損事故の違い、被害者が物損で受けるデメリット、人身にすることのメリット、切り替え方などを理解しておくことが大切です。

物損事故と人身事故の違い

まず、違いとして「物損」の場合は物損しか発生していない事故のことを言います。
 
車が壊れる、店や民家、塀やガードレールなどが壊れるだけのケースになります。

対して「人身」は文字通り、人身に被害が出たケースを言います。
 
交通事故の被害者が怪我をしたり死亡する事故のことを言います。車が壊れていても人が傷つけられれば人身事故になります。

判断に迷ったら、人の生命や身体に損害が発生したのを人身、ものだけ壊れて人が怪我をしていないのを物損と考えるのが正解です。

加害者側としては物損事故で処理をしてほしい

交通事故が起こった場合、ほとんどの時に被害者の見た目に怪我がない時には加害者が物損として処理したがることが多いとされています。

これは物損にすることによって加害者は、免許の点数が加算されないようになっているためです。
 
道路交通法違反がある場合は除きますが、人身になってしまうと必ず免許の点数が加算されます。

物損であれば加害者は刑事罰を受けずに済みます。
人身の場合は、自動車運転致死傷罪や危険運転致死傷罪などが適用されることがあります。

さらに、物損の場合は加害者側が払う賠償金の金額は安くなり、慰謝料は発生せず、後遺障害が残ることも死亡することもないため逸失利益も発生せずに、車の修理代だけを払った終わりという決着が多いため、交通事故後の示談などもすぐに終了します。

このように加害者が側には物損の方がメリットが大きいのです。

物損事故では治療費の請求ができない

被害者が物損にすると、相手に対して請求できるのは自動車の修理代と衣類の費用程度だとされています。一般的には10〜20万円前後で終わってしまいます。

しかし、後から痛みなどが出てきて病院に行っても治療費を出ず、後遺障害が残ったとしても慰謝料も支払われないため注意が必要です。

物損で処理されてしまえば、自腹で治療する必要がありますし、障害が残ったとしても泣き寝入りしてしまったり、自賠責保険からの支払いも受け取れなくなってしまいます。

また、物損の場合には警察が作成するのは簡単な物損事故証明書のみです。
 
被害者と加害者の間で争いになることは多いですが、その争いの中で重要になるのが実況見分書になります。
 
これは警察が事故現場で実況検分することによってつくられる書類ですが、物損の場合には実況見分を行わないためこの書類が作られないのです。

この実況見分によって加害者と事故状況や過失割合などで争った時に、事故の状況を証明できる資料がなくなってしまうことも考えられるため、被害者が不利になってしまいます。
 
そのため、交通事故で怪我をしたら必ず人身事故として届けることが重要となります。

物損事故を人身事故扱いしてもらうには?

怪我をしたのに一度物損として届けを出してしまったということはよくあります。

よくわからずに加害者の話を鵜呑みのした、自覚症状がすぐには出ずに数日後に現れたというケースです。そんな時には物損から人身へと届け出は変えられます。

人身事故への切り替えは、警察に事故後10日ほどの間に医師の診断書を持って届け出をすると、人身事故扱いに切り替えられます。

ただし、警察への届け出も事故から日数が立ちすぎている、事故状況と診断内容があっていないなどは取り扱ってくれない可能性もあるため、すぐに対処することがポイントです。

お困りの際は岐阜県にあるさかき接骨院グループへ

岐阜県瑞穂市にある「さかき接骨院みずほ院」と羽島市にある「さかき鍼灸接骨院」のさかき接骨院グループでは、交通事故治療も行っています。

施術は痛みを取り除くために基本的には手技療法を中心に、電気療法なども行いながら患者の症状に適した治療を行って、後遺症が残らないような施術を行うことを心がけています。

また、厚生労働省の認可院のため自賠責保険が適用することから、交通事故による症状のための治療費はかからないようになっています。

通院時の交通費なども自賠責保険が適用されるため、安心して通うことができます。

患者様が加害者だった場合でも、任意保険と健康保険の活用を行うことで費用の負担がなく、通院できる可能性もあります。

交通事故後は症状がなくても、時間が経つと首の痛みや腰痛、頭痛、手足のしびれなどの症状が現れる可能性は十分あります。後遺症を残さないためにもしっかり治すことが大切です。

さかき接骨院グループ
みずほ院・羽島院

瑞穂市さかき接骨院診療時間
羽島市さかき鍼灸接骨院診療時間
瑞穂市羽島市交通事故治療専門院さかき接骨院 羽島院リンク 瑞穂院リンク
瑞穂市さかき接骨院電話お問い合わせ
 
羽島市さかき鍼灸接骨院電話お問い合わせ
エキテンメダルエキテンメダル
瑞穂市×接骨・整骨部門
瑞穂市×整体部門
2018年1月時点
 
喜びの声
事故後の流れ
事故の流れ
治療方法
交通事故の補償
保険会社様への約束

みずほ院へのリンクみずほ院へのリンク
羽島院へのリンク 羽島院へのリンク