さかき接骨院グループヘッダー 羽島院リンク みずほ院へリンク
さかき接骨院グループスマホヘッダー さかき鍼灸接骨院のホームへ さかき接骨院・みずほ院へのホーム
  • 交通事故治療は瑞穂市・羽島市のさかき接骨院グループにおまかせください!
整骨院でも交通事故治療は受けられます。
交通事故による各種トラブル対応・治療相談はお早めに。

HOME | さかき接骨院グループ | 慰謝料には色んな種類があります ≫ 

患者様から
ありがとうが届いております

交通事故治療体験者の声
 

慰謝料には色んな種類があります

交通事故に巻き込まれると、規模に関係なくケガを負い、最終的に加害者から損害賠償を請求して実際に弁償してもらうことがあります。
 
乗用車などであれば事前に物の値段が決まっているために数値にしやすかったり、肉体的な被害であっても全治がどれくらいかが明確なために、いくら支払うべきかが明確です。
 
一方で精神的な苦痛に対するものはそう簡単に数値化できるものではありません。
 
精神的な苦痛に支払える対価を慰謝料といい、入院や通院を余儀なくされる状況に対するものや後遺障害を背負い続けることへの対価など慰謝料の種類にも様々あります。

入通院の慰謝料について

入院や通院をするとなると、実生活に負担が生じるのは明白であり、いつまでこうした生活を続けなければならないのかと嫌気が差すものです。そうした時に支払われるのが入通院慰謝料です。
 
入院と通院をした期間に合わせて支払われるものであり、これには病院だけでなく整骨院なども含まれています。
 
瑞穂市や羽島市にあるさかき接骨院グループにも、実際に交通事故に巻き込まれた被害者が少しでも症状を改善させようと通い続けていますが、こうした場合も通院としてカウントされ、症状固定となるタイミングまでカウントされ続けることになります。

慰謝料は計算の基準によって異なります

こうした治療を長い期間行うことになれば、それだけ多くの費用を支払うことになりますが、一方で計算の基準によっては実際に手にできる慰謝料が全く違うものになることも指摘されています。
 
主に計算の基準は3つあり、自賠責基準と任意保険基準、それに弁護士基準です。
 
一番安いのが自賠責基準となっていますが、これは車検を通す際に強制加入となる自賠責保険の中で支払われるものです。
 
この場合では入院期間と通院期間の合算、もしくは入院期間と通院期間の中で実際に病院に行った日数を2倍したもの、いずれかの少ない数値の方に1日あたりのお金をかけて算出されます。
 
これが任意保険基準になれば、保険会社によって決められた表の中で入院期間と通院期間から慰謝料が瞬時に算出できるようになります。
 
うちの保険会社ではこういった基準でやっていますというのは教えてくれませんが、おおよその基準は表に出ており、それを見ておおよその値段を知ります。
 
弁護士基準は判例を参考にしたものであり、一番高く出やすく、弁護士に依頼すればほぼ確実に弁護士基準で相手に請求をしてくれます。
 
どの基準で計算をするかで大きく費用が変わるために、加害者側はできるだけ安く、被害者側はできるだけ多くもらおうというつばぜり合いが起こります。
 
そこで起こりうることは、施術の期間が長いから打ち切るべきだという圧力が相手の保険会社から病院や整骨院などにかかることです。
 
もちろんそうした人も中にはいますが、ほとんどの人は少しでも自分の体を元に戻したいという人です。
 
それでいてナーバスになっており、トラブルになりやすいです。
 
そのため弁護士に依頼するなどして納得できる状態で治療するような環境が必要です。
 
相手に要請されたからと打ち切ることで、ケガの回復が見込めなくなることも考えられます。
 
相手の挑発、作戦に乗らないことも重要であり、弁護士に任せるのがおすすめです。

弁護士に任せた場合

他にも後遺障害の慰謝料でもかなりの違いが見られます。
 
数倍の違いがあるため、後遺障害の可能性が出てきた場合には弁護士基準を視野に入れた請求をしても良さそうです。
 
生きていく中で何かしらの障害を抱えながら生きていくことにもなるため、償ってもらうべきものは償ってもらうという感覚が必要です。
 
保険会社同士だと任意保険基準で話がまとまってしまうため、あまり期待できません。
 
判例などがベースになっている弁護士基準をうまく活用することで本来手にするべきものを手にすることができるだけでなく、より納得した終わり方を迎えられます。
 
弁護士に依頼することは、過失割合を巡る争いにも役立ちます。
 
過失割合がすべて相手が悪ければ何の問題もないですが、こちらにも多少の過失があったという認定があれば、いくらか減額されることもあります。
 
お互いの過失割合を相殺して最終的な額が決まるため、1割でも違えばかなりの違いになります。
 
弁護士に依頼すれば細かく現場の状況などを見て、正確な過失割合を主張できます。
 
相手の主張を受け入れることは、相手の思いのままに交渉させていくことと同じです。
 
また明らかに大きなケガを負っているのに減額されることにもなりかねないため、注意が必要です。
 
他にも死亡した際のお金も支払われ、もし生きていた場合に得ていたであろうものと家族を失ったことに対するものを合算して算出されます。
 
高収入の人や子供を死なせた場合に高くなる傾向にありますが、過失割合などを踏まえて最終的なものが出されます。
 
様々な種類がありますが、適用する基準が違うだけで全くもって手にするお金が変わってくることから、弁護士に任せるべきものは任せて、治療に専念することをおすすめします。

さかき接骨院グループ
みずほ院・羽島院

瑞穂市さかき接骨院診療時間
羽島市さかき鍼灸接骨院診療時間
瑞穂市羽島市交通事故治療専門院さかき接骨院 羽島院リンク 瑞穂院リンク
瑞穂市さかき接骨院電話お問い合わせ
 
羽島市さかき鍼灸接骨院電話お問い合わせ
エキテンメダルエキテンメダル
瑞穂市×接骨・整骨部門
瑞穂市×整体部門
2018年1月時点
 
喜びの声
事故後の流れ
事故の流れ
治療方法
交通事故の補償
保険会社様への約束

みずほ院へのリンクみずほ院へのリンク
羽島院へのリンク 羽島院へのリンク