さかき接骨院グループヘッダー 羽島院リンク みずほ院へリンク
さかき接骨院グループスマホヘッダー さかき鍼灸接骨院のホームへ さかき接骨院・みずほ院へのホーム
  • 交通事故治療は瑞穂市・羽島市のさかき接骨院グループにおまかせください!
整骨院でも交通事故治療は受けられます。
交通事故による各種トラブル対応・治療相談はお早めに。

HOME | さかき接骨院グループ | 後遺症と後遺障害の違い ≫ 

患者様から
ありがとうが届いております

交通事故治療体験者の声
 

後遺症と後遺障害の違い

もしも交通事故に遭い自分が加害者となってしまったときは相手に賠償金を支払わなければいけません。
 
相手のけがの治療代や車の修理代など事故の規模が大きく賠償金額が大きくなればなるほど自分の力で支払うことは難しくなってくるので、そんな万一のときのために保険があります。

自賠責保険と後遺障害の等級

車を購入すると必ず加入をしなければいけない自賠責保険または強制保険というものがありますが、それは車を持っている人ならだれもが加入している保険なのですがその補償範囲は相手の体に関する治療代などを補償するものだけで支払額は最高120万円まで、相手が亡くなってしまった場合も3000万円までという限度があります。
 
また「後遺障害による損害」という項目がありそれは障害の等級に応じて75万円から4000万円までと決まっています。

しかし実際に交通事故に遭って相手にけがをさせたり死亡させてしまった場合にはそれだけでは済まないことがほとんどです。
 
また車の修理代などは自賠責保険の対象ではないので、別途支払わなければいけません。
 
そのように自賠責保険では賄いきれない分は、もっと多額の補償や対象範囲の広い補償をしてもらえる任意保険の加入をすることになります。
 
そしてまた任意保険にも後遺障害に対する慰謝料が等級に応じて支払われます。

後遺症の補償は不明確なもの

さて自賠責保険にも任意保険にも後遺障害に対しては「等級に応じて」と示されていますが、後遺症に対する補償は示されていないません。
 
それはなぜでしょうか。
 
後遺症は交通事故に遭ってけがをし、その怪我がいつまでも治らず何らかの症状を抱えたままになっている状態のことを言います。
 
しかしその症状が交通事故によるものなのかどうかを医師に診断してもらって初めて等級認定がされるのですが、交通事故に遭った時にけがをしていなかったからと直後に病院にもいかずに示談にするなどしてしばらくたってからむち打ちのような症状が出てきたというケースも多々あります。
 
それが交通事故が原因で起こったと被害者本人が確信していてもそれを立証することができなければ何の補償もしてもらえないのです。
 
事故に遭った直後に病院に行かず後になってから痛みが出てきたと病院に行っても医師もそれが交通事故のためだという確信がないので証明することができません。
 
医師の証明がなければ相手側に要求をすることもできないのです。
だから医師の診断を受けて等級認定をしてもらえたときのみ相手に補償金を請求できるということです。もし相手側がその請求に応じなければ弁護士を通じて請求することもできます。

事故直後に病院へ行かなかった場合

では事故直後に病院に行かずに後から痛みやつらい症状が出てきた場合は泣き寝入りをするしかないのでしょうか。
 
いいえ、その場合でもとにかくまずは病院に行って診断書を作ってもらいます。事故当時けがをしていなければ車だけの物損事故として処理がされているので、怪我に対する補償は出ないことになっています。
 
そのため物損事故から人身事故に切り替える必要が出てくるので、医師の診断書を持って警察にいき手続きをすることで人身事故に切り替えてもらうことができます。
 
ただし
事故後あまり時間が経過すると難しくなるのでできるだけ早めの行動を起こすことが大切です。

補償金が下りるとその費用で接骨院などに通うことができます。
 
通常接骨院などは健康保険が適用しない場合が多いのですが、交通事故に関しては自賠責保険や任意保険が適用するので安心して治療をすることができます。

交通事故のお悩みなら岐阜県のさかき接骨院グループ

岐阜県の瑞穂市にある「さかき接骨院」、羽島市にある「さかき鍼灸接骨院」などがある「さかき接骨院グループ」では交通事故の後遺症を治療に対応しています。
 
むち打ちの痛みがひどい、事故に遭ってから首が回らない、頭痛やめまいがひどいなどの症状に対して施術を行っています。
 
その施術方法は柔道整復師の手技に加え先進技術を持つ治療機器と組み合わせた方法です。
 
機器を使うのは神経深部の筋肉に刺激を与える高電圧電気刺激療法と緩衝電流が体の深部に働きかけて筋肉をほぐす干渉電流型低周波治療機器、そして体の筋やツボを刺激する鍼灸も行っています。
 
一番多い症状はむち打ち症状で首や背中の痛みや耳鳴り、めまい、吐き気などが表われます。
 
そのような症状に対して、交感神経節機能や筋肉、関節などの問題に対し一つ一つ取り除いていくという方法を採っていきます。
 
急性期、回復期、安定期と症状や時期に合わせた施術を行っていきます。
 
後遺障害認定を受け補償をしてもらえることで費用の心配をすることなくこのような施術を受けることができるのです。

後遺症と後遺障害のまとめ

後遺症とは交通事故に遭ってけがをしその痛みや症状がいつまでも治らない状態を言い、その中で医師の診断によって等級認定を受けることができるものを後遺障害といい、その診断を提示して初めて賠償金が支払われるということです。
 
等級の認定には
「その怪我が将来的にも完治しない」
「けがと交通事故の因果関係があること」
「怪我のために労働能力が低下すること」
「後遺症が医学的に証明されたものであり、保険の等級認定に該当するものであること」という要件を満たす必要があります。

さかき接骨院グループ
みずほ院・羽島院

瑞穂市さかき接骨院診療時間
羽島市さかき鍼灸接骨院診療時間
瑞穂市羽島市交通事故治療専門院さかき接骨院 羽島院リンク 瑞穂院リンク
瑞穂市さかき接骨院電話お問い合わせ
 
羽島市さかき鍼灸接骨院電話お問い合わせ
エキテンメダルエキテンメダル
瑞穂市×接骨・整骨部門
瑞穂市×整体部門
2018年1月時点
 
喜びの声
事故後の流れ
事故の流れ
治療方法
交通事故の補償
保険会社様への約束

みずほ院へのリンクみずほ院へのリンク
羽島院へのリンク 羽島院へのリンク