ビルボードさかき接骨院みずほ院 みずほ院問い合わせ みずほ院アクセス みずほ院コンセプト みずほスタッフ紹介 みずほ院ホーム
さかき接骨院みずほ院整体用ヘッダー
さかき接骨院整体用スマホヘッダースマホ
  • 今なら1,980円で当院の施術をお試しすることが可能です
整体キャンペーンバナーみずほ院

HOME | みずほ院整体 | 頭痛 ≫ 

  • 患者様から
  • ありがとうが続々と届いております
交通事故患者様の声みずほ院
 
  • このようなお悩みでお困りなら

☑整体を受けたいがどこがいいのかわからない
☑マッサージしてもまたすぐにつらくなる
☑痛みの伴う整体は受けたくない
☑肩こりや腰痛が楽になる気がしない
☑つい痛みがあっても我慢してしまう

そんなお悩みのあなたに自信をもって施術をご提供しているのが
瑞穂市さかき接骨院です。
 
  • 瑞穂市さかき接骨院の施術コンセプト
整体とはカラダを整えること
瑞穂市さかき接骨院の整体
  • 今なら1,980円で当院の施術をお試しすることが可能です
整体キャンペーンバナーみずほ院
さかき接骨院みずほ院お問い合わせ電話
 
さかき接骨院みずほ院LINE予約
さかき整骨院のコンセプト紹介

瑞穂市内で頭痛のお悩みなら

さかき整骨院 頭痛

頭痛を持病として持っているという人が多く、日常的に薬を使って生活をしているという人も珍しくありません。
 

  • 肩こりがひどく頭痛を感じる
肩こり 頭痛

日本人に多いタイプの頭痛では肩こりがひどく頭痛を感じるという種類のものです。
 
この頭痛は肩こりとの関係が深いと考えられており、肩だけでなく首など頭に近い部位の、からだの不調を持っている人に起こるという特徴があります。
 

  • 家でリラックスしているときに頭痛が起こる
頭痛 リラックス

多くはこのようにからだが緊張した状態にある時にあらわれるというものになりますが、中にはリラックスしているときに頭痛が起こるという人もいます。
 
こういったタイプのものは肩こりがある人の持つ頭痛とは違った原因で起こると考えられます。
 
リラックスをしている時というのは、全身の血流が良くなり血管が拡張している状態です。
 
これに対して肩こりが起こる人は、筋肉が緊張状態を長く続けたために血液の流れが悪くなっている状態になっています。
 
このように頭痛が起こる原因にはい色々なものがあるので、全く違った原因が元になり頭痛という症状を引き起こすことがあることを覚えておきましょう。
 

  • ③仕事が重なると頭痛を感じる
頭痛 仕事

他には仕事が重なると頭痛を感じるという種類のものもあり、こういったタイプの頭痛を持つ人は精神的なストレスを抱えていることが多いことからも、精神的な原因がある時にも頭痛が起こると言われています。
 
精神的なストレスは自分自身で気付かないこともあり、頭痛が起こることで自分のからだに無理がかかっているということに気付くこともあります。
 

  • ④寝るときに頭が痛くて眠れない
頭痛 睡眠

頭痛は起きている時に症状がでることが多く、寝ている時には滅多に症状がでませんが、場合によっては寝るときに頭が痛くて眠れないという状態になる人もいます。
 
睡眠不足はダイレクトに頭痛につながっているので、眠れないということでさらに頭痛の症状が増してしまうと悪循環になってしまい、なんらかの治療をすぐに始める必要がでてきます。
 
症状が強くなると痛みのせいで生活に支障がでてきてしまうことがあり、そうなると⑤頭痛薬を持っていないと落ち着かないという状態を強いられてしまいます。
 
頭痛薬は痛みを抑える成分が入っているので、薬が効いている時間帯は痛みを抑えることができますが、薬は永遠に効くわけではないので、薬が切れた時には同じような症状がでて、再び薬を飲むまでは痛みを我慢して過ごさなくてはいけなくなります。
 
頭痛は原因となっているものをつきとめて、原因を取り除くことができるような治療をすることが大切だと言われています。
 

頭痛には色んなタイプがある

頭痛 さかき整骨院 原因

頭痛には痛みの種類や原因となっているものによって、タイプが分けられています。
 

  • 筋緊張性頭痛
筋緊張性頭痛

肩こりなどを抱えている人が起こしやすいものが筋緊張性頭痛と呼ばれるもので、血流が悪くなっていることが原因で起こります。
 
痛みの種類としては頭が重い感じや締め付けられるような状態が長く続くという特徴があり、急激に症状が強くなることは滅多にありません。
 
痛みは朝起きた時から寝る時まで常に出ていることもあり、それが数日間続くという人もいます。
 
肩こりを起こしていると筋肉が硬くなり、疲労物質である乳酸などが蓄積されている状態になってきます。
 
血液の流れがよくなれば、乳酸などの疲労物質が流されていくので、そこまで大量に蓄積することはありませんが、血流が悪くなっていると乳酸が一部分に長く溜まってしまいます。
 
パソコンなどのデスクワークを長時間続けていると。同じ姿勢を続けることで肩や首の筋肉が凝りやすくなります。
 
一時的に肩こりが起こっても運動をするなど、凝りをほぐしたり血流を良くするようにすることができれば、肩こりはそこまで酷くなることはないでしょう。
 
しかし、肩こりをしている状態で、さらに長時間のデスクワークをするという生活を続けていると肩こりは徐々に悪化していき、乳酸などの疲労物質が溜まっていきます。
 

  • ②片頭痛
片頭痛

頭痛の種類としてよく知られているものが片頭痛で、ずきずきとした痛みを持つことが特徴です。
 
脈拍に伴って傷むような感覚がある時には片頭痛を発症している可能性があります。
 
片頭痛という名前があることで頭の片側だけに症状がでる頭痛だと思われていますが、中には頭の両側に痛みを生じることもあります。
 
ただ、緊張性頭痛の場合には、頭の片側だけが痛むということはめったになく、後頭部を中心にして頭全体が痛むことがほとんどです。
 
それに比べると片頭痛の場合には頭の片側だけがずきずきと痛むことがあるというところが違いだと言えます。
 
痛みの場所も頭全体ではなく、こめかみから目の奥に痛みを感じることが多いようです。
 
そして痛みの原因が血管の拡張だとされているため、リラックスをしている時に起こりやすいということも緊張性頭痛との違いです。
 
休みの日などにゆっくりとした時間を過ごしている時には、リラックスして血管が広がりやすい状態になっています。
 
血管が広がると周囲にある神経を刺激して痛みを起こすというのが片頭痛の発生要因です。
 
そのため、脈拍に合わせて血管が拡張したり収縮する時によって痛みが強くなったり弱くなったりします。
 
ずきずきとした痛みが起こるのはこのためです。
 
片頭痛を起こしている時には痛みだけでなく、光や音、臭いに敏感になる人もあり、そういった症状がでるといつも通りの生活を送ることが難しくなってきます。
 

  • ③群発頭痛
頭痛 群発頭痛

頭痛の原因として知られているものは他にも群発頭痛があります。
 
これは男性に多く発症する病気で、発作的に強い頭痛がでることが特徴で、アルコールやたばこがきっかけになって痛みの発作がでるようになります。
 
非常に強い痛みで目の奥がえぐられるような痛みだと表現されています。
 
この痛みは発作が起きるとしばらく痛みが続き、しばらくすると痛みの出ない日々が続きます。
 
症状が落ち着いている時期にアルコールやたばこを摂取すると、それが引き金となって急に痛みのある生活を送ることを余儀なくされるという特徴を持ちます。
 
この病気は痛みが強いということもあり、病院で治療を受ける必要があるものです。
 
もしも、群発頭痛のような症状がでた時には、早めに病院を受診して治療を開始するようにしましょう。
 
治るのを待っていても自然には治らない病気なので、なんらかの治療を行う必要があります。
 

命に関わる怖い頭痛とは?

頭痛 命に関わる

頭痛の中には痛みを繰り返すタイプのものと、急に強い痛みがでてそのまま症状がおさまらないという種類のものがあります。
 
一時的に痛みを感じているという時には、大きな病気ではないと考えられますが、もしも強い痛みが続くという場合には、何か命に関わる怖い病気が原因になっているかもしれません。
 

  • くも膜下出血による頭痛
くも膜下出血 頭痛

頭の痛みがでる病気の中でもくも膜下出血による頭痛には注意が必要です。
 
これは脳を包んでいる膜のひとつであるくも膜の下で出血が起こる病気です。
 
脳の中には栄養を送るための血管が非常にたくさんあり、たくさんの血液が流れています。そこに動脈瘤という血管のこぶのようなものができることがあります。
 
血管は心臓の動きに合わせて広がったり収縮したりしていますが、その時に血液が壁に当たる圧が発生します。
 
血液は全身に流れるたびに血管に圧をかけて進んでいきますが、それを繰り返しているうちに血管の壁の弱い部分が外に飛び出してしまうことがあります。
 
そうすると血管の一部にこぶのようなものができ徐々に大きくなっていった結果、最終的にはこぶが破れて出血を起こしてしまいます。
 
脳の中で出血が起こるので、出血が起きた瞬間に強い頭痛を感じますが、出血を起こまではこぶがあっても頭痛を感じることはないために、急激に頭痛が始まるという点が特徴になります。
 
出血を起こした血管の大きさによって痛みの程度はさまざまで、細い血管の場合には弱い痛みのみで発見が遅れることもあります。
 
大きな血管のこぶが破れた時には出血の量も多くなり、頭痛という痛み以外にも意識を失ってしまうことがあります。
 
こうなると命の危険がでてくるので、すぐに治療を開始しなくてはいけません。
 
また頭痛だけでなく強い吐き気を伴うこともあります。
 
急に痛みがでるような頭痛がある時にはくも膜下出血を起こしているという可能性があることを覚えておきましょう。
 

  • ②脳腫瘍による頭痛
脳腫瘍 頭痛

くも膜下出血に比べると痛みが徐々に出てくるという違いがある頭痛が脳腫瘍による頭痛です。
 
脳腫瘍は頭の中にでき物ができる病気で、最初は小さな腫瘍ができ、それが徐々に大きくなっていきます。
 
そのため腫瘍が小さなうちは症状がなにもなく過ぎていきますが、腫瘍が大きくなるにつれて周囲の組織を圧迫したりして痛みが出始めてきます。
 
このような痛みは急に強くなるということはめったになく、最初は気付かない程度の痛みだったのが徐々に強くなるという流れで頭痛が発生します。
 
また痛み以外にもしびれなどの感覚障害が同時に起こることもあり、目の神経に影響がでた時は失明をすることもあります。
 
脳の中のどの部位に腫瘍ができるのかで、痛み以外の症状が変わってきます。
 
脳腫瘍はこのように恐ろしい病気ですが、良性のものと悪性のものがあります。
 
悪性のものの場合にはすぐに治療をしなくては命に関わりますが、良性の場合には取り除いた後はいつもと同じような生活ができることもあります。
 
しかし、どちらにしても病院での治療が必要だという点は同じです。
 

  • ③髄膜炎による頭痛
髄膜炎 頭痛

他に頭痛を起こす原因として考えられるものが髄膜炎で、ウイルスや細菌の感染で起こる病気です。
 
髄膜炎になった時の特徴的な症状として、首がかたくなるというものがあり、頭痛以外にも首が曲がらないという症状がでている時には髄膜炎による頭痛だという可能性があります。
 
髄膜炎はウイルスの感染で起きている時にはそこまで心配をする必要のない病気ですが、細菌性の場合には後遺症を残したり生命の危険がでてきます。
 
症状が急速に進む可能性がある病気なので、髄膜炎が疑われる時には、一刻も早く病院を受診しましょう。
髄液をとる検査をすれば、髄膜炎を起こしているかどうかがわかります。
 

瑞穂市さかき接骨院の頭痛整体

さかき整骨院 頭痛 整体

頭痛にはこのように色々な種類があるので、まずは頭痛が起こっている原因を探らなければいけません。
 

  • 頭痛の原因となる姿勢の確認
頭痛 さかき整骨院

瑞穂市さかき接骨院の頭痛整体では、最初に頭痛の原因となる姿勢の確認を行います。
 
これは頭痛が姿勢と深い関係にあるということが理由で、姿勢のくせを見極めることが治療に不可欠だからです。
 
姿勢はからだの動きを決めるための中心的な役割を果たし、姿勢が乱れていてはどんな動きをしても、からだのどこかに負担をかけてしまいます。
 
姿勢は意識をせずにとっていることがほとんどなので、自分にとって楽な姿勢をする癖がついている人が大勢います。
 
立ったり座ったりする時には、一定の筋力を必要としますが、骨格が歪んでいる時には一部の筋肉に力が入りにくくなっていることもあります。
 
そうするとからだの中で必要な筋肉を使うことなく姿勢を維持するくせがついてしまい、別の場所に無理な力をかけて姿勢を保とうとしてしまいます。
 
その結果、本来は必要な場所の筋力が弱くなり、不必要な場所の筋肉ばかりが発達してしまうというからだつきになってしまいます。
 
そのため瑞穂市さかき接骨院では最初に姿勢のチェックを行うことで、普段どのようなからだの使い方をしているのか知ることを治療のスタートとしています。
 

  • ②骨格からカラダを整える整体で筋肉への負担を和らげます。
さかき整骨院 整体

姿勢が乱れている人のほとんどが骨格のズレやゆがみを持っており、そのことが原因でからだの筋肉にも負担をかけているという状況になっています。
 
不必要な場所に力が入っている状態では、筋肉が必要以上に太くなってしまうだけでなく、からだの痛みが出やすい状態になります。
 
それが肩こりなどから起こる頭痛の原因にもなっているので、まずは筋肉の負担を和らげることが頭痛の症状を改善させるために大切なことです。
 

  • ③次に骨盤や背骨などを調整することで頭痛になりにくい状態を作ります。
骨盤 背骨 さかき整骨院

骨盤や背骨はからだの中心にある大きな骨で、ここが歪んでいるとからだの全体に悪影響を出す恐れがあります。
 
からだの中の骨格はどこも重要ですが、その中でも骨盤と背骨は優先度の高い部位です。
 
他の部位だけを改善させても、からだの中心がずれてしまっていてはすぐに元の状態に戻ってしまい、よい状態をキープすることができません。
 
そのため瑞穂市さかき接骨院では骨格の中でも骨盤と背骨を調整することに重点をおいた治療を行い、からだのバランスを整えることで頭痛になりにくい状態を作ることを目標にします。
 
骨盤や背骨を正しい位置に戻すことで、そこにつながっている手や足の骨のゆがみも改善していくことは珍しいことではありません。
 
手や足の骨のゆがみは骨盤や背骨の影響を受けているものがほとんどなので、最も効率的に治療を行おうとすると、これらの大きな骨の状態を整えていくことが大切になります。
 

  • ④自律神経を調整することでカラダ本来の自然治癒力に働きかけます。
自律神経 自然治癒力 整体

自律神経は交感神経と副交感神経のふたつから成っており、からだを緊張させたりしリラックスさせたりする力のあるものです。
 
これらのバランスが乱れると、からだの調整能力が悪くなりリラックスしたくてもできないという状況になってしまうことがあります。
 
それ以外にもからだがだるくやる気がでないという状況になってしまうことがあり、自律神経はどちらかの神経ばかりが活発になるとバランスを乱して健康を害してしまいます。
 
そういったことを予防するためにも自律神経がほど良い状態になるよう調整しておくことはとても大切です。
 
自律神経のバランスが乱れて、からだの緊張がとれない状態になってしまうと肩こりが悪化して頭痛がひどくなるという悪循環になってしまうこともあるでしょう。
 
さらに自律神経を整えることは自然治癒力を高めるというメリットもあるといことがわかっています。
 
自然治癒力は全ての人に最初から備わっているもので、病気や怪我をした時にはからだが自分自身で治そうとする機能のことです。
 
自然治癒力があるので、風邪などになっても自然と病気を治すことができ、普段の健康を守るためにとても重要な働きをしています。
 
そのため、自律神経を調整して自然治癒力を高めることは、からだの状態をよりよく保つために必要なことで、病気やけがから自分を守ってくれる存在であると言えます。
 
自然治癒力が高い状態が維持できれば、病気をしてもスムーズに治すことができるので、症状を長引かせることがありません。
 
そういった生活をしているとストレスがたまりにくくなるので、頭痛も改善させる効果が期待できます。
 
頭痛の症状がある時には血流が悪くからだのどこかに凝りを持っていることが多いので、常にからだが重たく感じている人が多いと思います。
 
しかし瑞穂市さかき接骨院での治療を受ければ、血流を良くし自律神経も整えることで、からだが軽くなり気持ちまで明るくなってきます。
 
頭痛のことなら瑞穂市のさかき接骨院におまかせください。
 

頭痛以外でも瑞穂市さかき接骨院へ

さかき整骨院 身体の悩み

瑞穂市さかき接骨院では頭痛の治療以外にも色々なからだの悩みに対応しています。
 

  • 肩こりや腰痛など慢性的な症状でのお悩みの方
腰痛 慢性的

頭痛とも深い関係のある肩こりや腰痛など慢性的な症状でのお悩みの方にもおすすめできます。
 
肩こりや腰痛は頭痛だけでなく、様々な病気の原因となるものです。
 
からだの一部に痛みが出始めると、そこをかばったからだの使い方をしてしまうために、他の部位にも痛みが出ることがあります。
 
そういった悪循環を繰り返していると、あちこちに痛みがでる状態になってしまい、動くのが億劫になってしまうことがあるようです。
 
それが運動不足にもつながり、さらに肩こりが悪化したり腰痛がひどくなっていきますし、筋力も低下してしまうでしょう。
 
そういったことを予防するためにも、肩こりや腰痛がある場合には、早い段階で解消させておくことが大切です。
 

  • ②出産後の骨盤のズレからくる不調
産後 骨盤のずれ 不調

他には出産後の骨盤のズレからくる不調を抱えている方にも利用してもらいたいと思います。
 
出産では骨盤をいつも以上に大きく開く必要があるので、妊娠中から徐々に骨盤がゆるんでいくようになっています。
 
そのため、妊婦は骨盤の状態が変わりやすく腰痛を起こしやすいと言われています。
 
赤ちゃんがいることでお腹が大きくなるだけでなく、こうした変化があることで女性は妊娠をきっかけに腰痛持ちになってしまうことがあります。
 
骨盤は出産の時に赤ちゃんが通れるようにするためのものなので、出産が終わると徐々に骨盤は元の状態に戻っていきます。
 
骨盤はいくつかの骨が組み合わさってできているので、常に同じ状態ではなく、一日の中でも時間帯によって開いたり閉じたりを繰り返していることが特徴です。
 
最もよい状態は適度に骨盤が開いた状態で、開き過ぎも閉じすぎもよくありません。
 
しかし出産の時に開いた骨盤がしっかりと元に戻らないと骨盤が開いたままになってしまい、動きが悪くなってしまうことがあります。
 
それは腰痛になってあらわれることもありますし、足の痛みとして出ることもあるようです。
 
他にからだが上手に使えないことで肩こりが酷くなったり、腱鞘炎など手の症状として出る可能性もあります。
 
骨盤はからだの中心で全ての部位に影響を及ぼす可能性があるので、産後の不調は骨盤のずれから来ていることが珍しくありません。
 
出産は産後の過ごし方が非常に重要だと言われており、骨盤の状態が良くなるかどうかも産後の過ごし方にかかっています。
 
出産後に安静にしていると骨盤に負担がかからず、自然な力で骨盤が元の状態に戻ろうとしますが、無理に動いていしまうと骨盤に強い負担がかかってしまいます。
 
まだ骨盤の状態が不安定なため、動いたりするだけで骨盤が歪みやすくなってしまうからです。
 
一度、骨盤が歪んだ状態になってしまうと、それがからだのクセとなり、その状態のままで骨盤が固定されやすくなります。
 
産後は赤ちゃんの世話などでなかなかゆっくりと過ごせないので、つい動いてしまう人が多く、その時は何ともなくても産後しばらくしてからからだの不調の原因になってしまうことがあります。
 
そうした女性は瑞穂市さかき接骨院で骨格の状態を整え直し、適切なバランスにすることでからだの調子が良くなるだけでなくダイエット効果も期待できる可能性があります。
 
骨盤の開きが元で太りやすくなっていることがあるからです。
 

  • ③疲れやすい、カラダがだるいなどのお悩みを抱えている方
疲れやすい だるい

よくある悩みにからだが疲れやすい、疲れがとれないといったものがありますがそういった悩みに対しても瑞穂市さかき接骨院は対応しています。
 
病気を持っているわけでなく、からだの使いかたに問題があるというタイプの人もいます。
 
そういった理由の場合にはからだの使い方を変えるだけでも、からだの疲れやすさを解消することができます。
 
疲れやすい、足がすぐに疲れてしまうという人の中には、骨格のゆがみがあり、身体の機能が正常に働いていないという人がいるようです。
 
人間のからだは最小限の力で動かすことができるような仕組みになっていますが、ゆがみがあるとその機能が十分に生かされたいないことがあります。
 
本来ならばからだを疲れさせることなくできることも、必要以上に力を入れないとできないというからだの使い方をしているとすぐに疲れてしまいます。
 
からだを動かす時には筋力だけでなく、バランス良くからだを使うということが大切なので、骨格を整えたり姿勢を良くすることでからだの使い方を改善させられます。
 
施術を受けて骨格を正常に戻した後はからだが軽くなるというのもそういった効果があるからです。
 

  • ④交通事故によるむち打ち症の後遺症治療
交通事故 むちうち 後遺症 治療 さかき整骨院

他に交通事故によるむち打ち症の後遺症治療にも瑞穂市さかき接骨院は最適です。
 
交通事故による外傷は病院で治療をする必要がありますが、むち打ちなどは病院では十分な治療が行えません。
 
また症状が長期化するということもあり、一度発症すると痛みが長く続くこともあります。
 
交通事故の後の後遺症に悩む人は瑞穂市さかき接骨院での治療も視野に入れてみてください。

  •  瑞穂市さかき接骨院・みずほ院が
  • あなたにできること
 
みずほ院があなたにできる事
さかき接骨院みずほ院お問い合わせ電話
 
さかき接骨院みずほ院LINE予約
  • 瑞穂市さかき接骨院へのアクセス
  • アクセスマップはこちら
駅からのアクセス:JR東海「穂積」駅より車で 6分、 JR東海「本巣」駅より車で 20

みずほ院フッター
エキテンメダル
瑞穂市×接骨・整骨部門
瑞穂市×整体部門
2018年1月時点
 
喜びの声
治療方法・コンセプト
事故後の流れ
事故後の手続き
スタッフ紹介
コンセプト
交通事故の補償
保険会社様への約束
LINEバナーみずほ

みずほ院へのリンクみずほ院へのリンク
羽島院へのリンク 羽島院へのリンク